膀胱炎 薬 ロキソニン

ロキソニンは膀胱炎の薬となりえるのか!?

スポンサーリンク

膀胱炎に悩まされているという人がいます。
女性に多い病気となっていますが、非常にデリケートな部分であるということで、なかなか病院を受診することができないという人も少なくありません。
しかし放っておくと症状が悪化することがあります。
適切な処置をすることで回復までの期間を短くさせることができますが、放っておくと治療までに時間が必要となります。
したがってできるだけ早く病院を受診するようにします。
病院を受診すると問診などが行われるようになっていますが、薬が処方されるようになっています。
痛み止めや抗生物質が処方されるようになっています。
この処方される薬の中に、ロキソニンというものがあります。
鎮痛解熱剤のロキソニンということになりますが、これは最近では市販されるようになっています。
ロキソニンにはどのような効果があるのか気になりますが、頭痛や生理痛などのさまざまな痛みに効果があると考えられています。
したがって非常に便利な薬です。

スポンサーリンク

急性の膀胱炎の場合には、原因となっている菌を殺す効果がある抗生物質が処方されることが多くなっています。
しかし排尿の際の痛みや腰の痛みを感じるというような場合には、ロキソニンが処方されるようになっています。
これは関節リウマチや腰痛や歯の痛みなどさまざまな痛みに対して広く使われるようになっています。
痛みに対して効果が高い薬ということになります。
成分が痛みの原因にすぐに働きかけるようになっており、鎮痛効果を発揮するようになっています。
これは原因となっている菌に直接働きかけるというものではありません。
したがって痛みの原因となっているそのものを治療することはできません。
しかし炎症を抑えるということはできます。
その結果膀胱炎の症状の代表的な、排尿の際の痛みや腹部の痛みを和らげることができるようになっています。
痛みの症状がひどい場合に処方されることが多くなっています。
胃への負担が少ないという特徴があります。

スポンサーリンク