膀胱炎 治し方 市販薬

市販薬を使用した膀胱炎の治し方

スポンサーリンク

何度トイレに行っても残尿感が残る、尿が出る時に染みるような痛みを感じる、等の排泄に関わる症状は、もしかしたら膀胱炎が原因で起こっているかもしれません。
膀胱炎とは、膀胱に雑菌が繁殖し粘膜が炎症することによって発症する病気で、放置して悪化させるとさらに悪い合併症を引き起こす可能性もあります。
長くトイレを我慢したり下腹部が冷えて抵抗力が無くなったりすると膀胱炎が発症しやすく、その特性ゆえに男性より女性の方がかかりやすい病気だと言われています。
しかし、病院で診察をするのが恥ずかしい、または通院する時間がないといった理由で適切な診断を受けず、慢性的に軽度な膀胱炎を発症させている女性は少なくありません。
膀胱炎は悪化してしまうと病院で適切な抗生物質などの投与が必要となりますが、軽度の場合は早めに治療すれば自宅での治療で治すことができる病気でもあります。
薬局などで購入できる市販薬を用意したうえで、適切な処置を行い初期完治を目指しましょう。

スポンサーリンク

膀胱炎の初期症状は、染みるような排泄痛や残尿感です。
こういった症状が出ている時は膀胱内で細菌が増殖している最中なので、なるべく細菌を外に排出することが治し方のポイントとなります。
よくありがちなのですが、尿をすると痛むからあまりトイレに行かないように水分摂取を減らしてしまうことは症状悪化の原因になります。
初期症状を感じた時にはなるべく水分を多めに取っていつもより多くトイレに行くようにしましょう。
尿と一緒に細菌を流し出すイメージを持つことが大切です。
また、薬局などでは漢方を利用した膀胱炎の市販薬が何種類か販売されています。
初期の頃はこの市販薬を使用すれば症状の緩和が期待できます。
漢方を使った市販薬は膀胱の炎症を抑え、利尿効果をあげることによって菌を外に排出するといった効能なので、説明書に書かれた用法用量をしっかりと守って使用することが完治の近道になります。
市販薬を使用して、尿を出して細菌を流し出す、それが自分で治療する際の効果的な治し方です。
それに加えてバランスのとれた食事や休息をとり身体の抵抗力をあげることによって繁殖した雑菌に負けない身体を作れば、病院に行かなくても病気を治すことできるでしょう。
健康でいることこそが病気の治し方の中で一番重要な方法です。
ただし、発熱や激しい痛み、血尿などの悪化した症状が現れたら速やかに病院での診察をうけることをおすすめします。

スポンサーリンク