残尿感のある10代から20代の女性の原因

残尿感のある10代から20代の女性の原因

スポンサーリンク

 

10代や20代など若年層の女性の方に多い残尿感という症状は色々な要因が考えられます。
原因に合わせた治療を行わないと完治しませんので原因を究明するのはとても重要な事になります。
そこでこちらのページでは、残尿感のある10代から20代の女性の原因などの情報をご紹介します。

 

 

【残尿感のある10代から20代の女性の原因】

 

残尿感のある10代から20代の女性の原因で多いのが膀胱炎です。
膀胱炎は、尿道や膀胱が大腸菌などの細菌によって炎症してしまう病気なのですが、この膀胱炎の主な症状のひとつが残尿感になります。
女性は男性と比べて尿道が短いので膀胱炎になりやすくなっております。
その為、10代から20代の女性の中のかなりの数の方が膀胱炎に悩まされており、膀胱炎が原因で残尿感を感じています。

 

 

【10代から20代の女性の方が膀胱炎になる原因】

 

10代から20代の女性の方が膀胱炎によって残尿感を感じてしまう原因として増えて来ているのがセックスによる感染です。
野外でもセックスであったり、お風呂やシャワーを利用せずにセックスをしてしまう事が要因で膀胱炎になりやすくなっております。
特に10代から20代の女性の方は、セックスをしている頻度も多くなっていることが原因で膀胱炎になりやすいのです。

 

スポンサーリンク

 

【膀胱炎になる要因は生理かも】

 

10代から20代の女の子が膀胱炎になり残尿感が出てしまう要因は、セックス以外にも考えられます。
最近では生理が要因で膀胱炎になる方も増えております。
生理によってナプキンから尿道に殺菌が侵入する事が要因で膀胱炎になるといったケースも増えております。
生理になっている時には、なるべくこまめに交換するなとしないと膀胱炎になりやすくなってしまいます。

 

 

水分を摂取する量がすくなかったり、オシッコを我慢してしまうような場合には、どうしても膀胱炎になりやすくなってしまいます。
また、ストレスや食生活の乱れなども要因になります。
頻繁に残尿感を感じる場合にはご注意ください。

 

スポンサーリンク