膀胱炎のお薬フロモックスは何日目くらいから効果があるのか

膀胱炎のお薬フロモックスは何日目くらいから効果があるのか

スポンサーリンク

 

膀胱炎は、尿道や膀胱内の炎症によって起こる病気ですので、尿道や膀胱内の炎症を押さえれば症状は沈静化していきます。
その為、泌尿器科などで処方されるお薬は沈静効果があったり、殺菌効果のある薬が多くなっており、中でもフロモックスは非常に処方される回数の多い病気となっております。
しかし、フロモックスというお薬について知らない方も多いと思いますので、こちらのページでは、膀胱炎のお薬フロモックスは何日目くらいから効果があるのかなどの情報をご紹介します。

 

 

【膀胱炎のお薬フロモックスとは】

 

膀胱炎のお薬フロモックスはどのようなお薬なのかというと、成分名がフカペンピボキシルという抗生物質です。
フカペンピボキシルは、一般的な風邪や気管支炎、副鼻腔炎、又膀胱炎などにも有効なお薬ですので、名前を知らないだけで、みなさんは知らずに服用されているケースが多いお薬となっております。
他にもインフルエンザ菌などにも効果のある薬です。

 

スポンサーリンク

 

【膀胱炎のお薬フロモックスは何日目くらいから効果があるのか】

 

膀胱炎のお薬フロモックスは何日目くらいから効果があるのかあるのかというと、体調や身体の大きさ、症状の進行具合にもよりますが、一般的には1週間程度で症状が改善されると言われています。
服用して直ぐに症状が改善しないので、何日目くらいから症状がおさまってくるのか心配になってしまわれるかも知れませんが、約1週間程度で治まりますので安心してください。
ただし、服用の仕方を間違えていると何日経っても効果が現れません。
服用してから何日も効果が表れないという場合には、処方してくれた病院に、服用してから何日目なのに効果が表れないという事を伝えてください。

 

 

膀胱炎として以外にも色々な症状に有効なフロモックスというお薬は、副作用もすくない非常におすすめの薬になっております。
しかし、服用の仕方を間違えてしまうと意味がありません。
しっかりとフロモックスの用法容量を守って服用するようにしてください。

 

スポンサーリンク