膀胱炎 飲酒 アルコール 関係

飲酒で長引く膀胱炎、膀胱炎とアルコールの関係

スポンサーリンク

膀胱炎は、尿道から侵入した細菌が、膀胱内で繁殖して炎症を起こすことで発症する病気です。
泌尿器科を受診すると、菌を殺す抗生物質が処方されるようになり、利尿作用のある薬も処方される場合もあります。
それと併せて、膀胱内の菌を尿と一緒に排出させるために、意識して水分を摂るように指導がなされます。
 ビールをはじめとしたアルコールには利尿作用がありますので、水分補給でアルコールを摂ればいいのではないかと考える人も存在していますが、膀胱炎の治療中には飲酒は厳禁となります。
アルコールは、身体の免疫機能を司るリンパ球の働きを低下させてしまうからです。
本来発揮される治癒力を発揮させることができなくなります。
 さらに、体内で飲酒したお酒を分解する時には、多くの水分が消化されてしまいます。
そのために排尿量は一時的に増加し、多くの水分が体内から出ていくことによって、血行が悪くなり身体を冷やすようになります。
身体の冷えは、免疫力を低下させてしまいますので、膀胱炎の症状を長引かせてしまいます。

スポンサーリンク

そのほかの膀胱炎と飲酒との関係については、飲酒することによって身体の血行は良くなります。
しかし、血行が良くなりすぎると、膀胱炎発症中には膀胱の粘膜を充血させてしまう可能性があります。
膀胱粘膜が充血することによって、膀胱内の炎症は悪化してしまいますので、完治するまでに時間がかかるようになります。
 お酒と身体の関係については、健康な時には「酒は百薬の長」ともいわれるように、適量を飲酒することによって健康増進効果を期待することもできるのですが、病気治療中には、症状を悪化させるリスクを伴うということを認識しておきましょう。
そして、膀胱炎を治すためには、膀胱内の炎症を抑える必要がありますので、治療中の飲酒はできる限り避けるようにしましょう。
 膀胱炎発症中の飲酒との関係については、利尿作用のメリットよりも、前述しましたようなデメリットの方が上回るというのが実際のところです。
アルコールのほかにもコーヒーや紅茶、緑茶などのようにカフェインを含む飲み物の過剰摂取は控えるようにしましょう。
治療中には、症状を悪化させる可能性があるからです。

スポンサーリンク