膀胱炎の治し方で重要な水分はどのくらい

膀胱炎の治し方で重要な水分はどのくらい

スポンサーリンク

 

膀胱炎は、尿道が炎症を起こしてしまいオシッコの時などに痛みがでたり、頻尿や残尿などが起こる病気なのですが、症状が悪化してしまうと血尿などが出てしまい、入院しなければならなくなってしまいます。
しかし、初期状態でしたら水分を意識的に沢山飲むようにするような治し方が有効なケースもあります。
そこでこちらのページでは、膀胱炎の治し方で重要な水分はどのくらいなのかなどの情報をご紹介します。

 

 

【膀胱炎の治し方で重要な水分量はどのくらい?】

 

膀胱炎は、オシッコの量が減ってしまうと体内に残ってしまう大腸菌などの細菌が多くなってしまいますので、症状が悪化しやすくなっております。
その為、水分を大量に飲むのは非常に有効な治し方になりますが、どのくらい飲めばよいのか分からないと思います。
どのくらい飲めばよいのかというのは、身体の大きさなどにもよりますが、基本的には1リットルから2リットルくらいと言われております。

 

 

お味噌汁などの食事にも水分はふくまれておりますので、実際にどれくらいの量を飲めばよいのかというと、ペットボトルで2本から3本程度という事になります。
しかし、力仕事であったり、外回りなどの仕事で大量に汗をかく場合や、逆に一日中オフィスでデスクワークをしているような方とでは必要な量は異なりますので、どのくらいかというアドバイスはあくまで目安として考えて頂き、どのくらい必要なのかは、ご自身で調整する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【膀胱炎の治し方で重要なのは水分量だけではありません】

 

膀胱炎の治し方で重要なのは水分量だけではありません。
何で補給するのかもとっても重要な問題になってきます。
膀胱炎は、食事制限などの治し方も必要になる病期です。
その為ビールなどのアルコールは厳禁です。
アルコールを1リットル飲んでも正しい治し方にはならないので要注意です。

 

 

膀胱炎の治し方で重要な水分はどのくらいというのは個人差がありますが、体調を考慮しながら500mlのペットボトルの本数で調整しながら飲むようにすると比較的簡単に調整できますのでおすすめです。

 

スポンサーリンク