膀胱炎で仕事を休むのは理由としてありかなしか

膀胱炎で仕事を休むのは理由としてありかなしか

スポンサーリンク

 

膀胱炎は尿道関連の病気ですので、会社を休む際に、上司に報告するのは恥ずかしいと思って我慢して働いてしまう方が大変多くなっている病気です。
しかし、膀胱炎は、症状が悪化してしまうと酷い血尿がでてしまったりしますので注意がひつようになります。
そこでこちらのページでは、膀胱炎で仕事を休むのは理由としてありかなしかなどの情報をご紹介します。

 

 

【膀胱炎で仕事を休みにするのはなしなのか】

 

膀胱炎で仕事を休むのは理由としてありかなしかと聞かれたら、ありかなしかは症状によって異なるという風に説明します。
基本的に膀胱炎は、初期の状態であったら、抗生物質を服用すればそれほど強い症状が現れる前に完治させる事が出来ますので、初期の状態でしたら仕事を休む理由としてはなしになると思います。

 

 

しかし、症状がかなり悪化してしまっていて、1時間で10回以上もおしっこに行ってしまうような場合には、自分の体調が悪いのはもちろんのこと、まわりの同僚の方にまたトイレかよと思われてしまい、嫌な印象を持たれてしまう可能性があり、仕事になりませんので、仕事を休む理由としてはありになると思います。
膀胱炎で仕事を休むのは理由としてなしかというのは、自分がしっかりと働けるかという判断が必要になります。

 

スポンサーリンク

 

【しっかりと治療をする】

 

膀胱炎は、放置してしまうと症状が悪化し、倒れてしまうケースもあり、そのまま入院しなければならなくなる事も珍しくありません。
その為、怪しいと思ったら早目に病院へ行って治療を行う事が重要になります。
その為、膀胱炎で仕事を休むのは理由としてありかなしかは、病院で治療をしているかどうかにもよります。
治療中で医師から休む理由として認められているような場合には、上司にも伝えやすいと思いますが、病院にもいかずに休むのはNGになります。

 

 

休んでもよいかどうかという問題は、基本的には休んでも良いと思いますが、周りを納得させるだけの理由を作る必要があります。
医師の診断書であったり、周りへの説明などが無いとすんなりと休めないかも知れません。

 

スポンサーリンク