膀胱炎の対処として温めるのと冷やすのではどっちが正しいの?

膀胱炎の対処として温めるのと冷やすのではどっちが正しいの?

スポンサーリンク

 

痛み対して人間は、温めると楽になるケースと冷やすと楽になるケースの二つがあります。
その為、とっさの痛みの時にはどっちが正しいのか悩んでしまう方も多いと思います。
そこでこちらのページでは、膀胱炎は温めるのと冷やすのではどっちが正しいの?などの情報をご紹介します。

 

 

【温めるのと冷やすのではどっちが正しいの?】

 

強い痛みが出る事でも有名な膀胱炎は、女性の方に特に多い病気になっております。
そんな膀胱炎の対処として温めるのと冷やすのではどっちが正しいのかというと、一般的には温める対処法が正しくなっております。
何故、膀胱炎の対処としては温める方が正しいのかというと、膀胱炎は、体内に侵入してきた大腸菌などに代表される細菌によって起こる炎症作用が原因で起こる病気です。

 

 

通常は大腸菌などの細菌が体内に入ってきても症状は現れない事が多いのですが、体力が無くなっていたり、ストレスなどによって免疫力が落ちてしまっている時には、大腸菌などの細菌に対して抵抗できなくなってしまい膀胱炎が発症してしまいます。
免疫力は身体を冷やすと落ちて行ってしまいます。
その為、免疫力を高める事によって痛みを緩和させるためには、どっちの対処がただしいのかというと、温めるのが正しいという事になるのです。

 

スポンサーリンク

 

【ためして欲しい対処法】

 

膀胱炎の時には水分を多く摂取する対処法が有効です。
オシッコを排出する時に暴行にある細菌も排出する事ができるからです。
この時に白湯であったりあたためたお茶などを飲むと、身体が温かくなり免疫力を上げながら細菌を排出する事ができますので有効な対処法になります。
どっちにしろ水分を多く飲まなければいけないからと言って、冷たい飲み物を大量に飲むのは身体を冷やす要因となりますので誤った対処法になります。

 

 

膀胱炎は、温めるのと冷やすのではどっちが正しいのは間違いなく温める方法なのですが、飲み物での対処が難しいような場合には、腹巻や靴下など寒さ対策によって身体を冷やす事がないように気を付けるのも重要になりますので、ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク