膀胱炎の痛みで寝れない時の対処方法

膀胱炎の痛みで寝れない時の対処方法

スポンサーリンク

 

膀胱炎は、女性に多い病気で、細菌の感染によって膀胱が炎症してしまい、頻尿や残尿感、排尿中などが現れる病気です。
特に症状が進んでしまうと急激な痛みが伴い、あまりの痛みで寝れない症状が現れる大変つらい病気になっております。
そこでこちらのページでは、膀胱炎の痛みで寝れない時の対処方法などの情報をご紹介します。

 

 

【普段よりも沢山の水分を取る】

 

膀胱炎の痛みで寝れない時の対処方法として最も手軽で効果的なのは、水分を出来るだけ摂取する事です。
この病気は、膀胱の中に炎症を起こしているような病気ですが、その原因となるのが細菌です。
つまり膀胱の中に最近がすくなくなればこちらの病気にはならないという事です。

 

 

水分を多く摂取すると、オシッコの量も回数も増えます。
オシッコは膀胱の中の細菌も一緒に排出してくれますので、多目に水分を摂取するのは、膀胱炎の痛みで寝れない時の対処方法としては非常に有効になります。
膀胱炎の痛みで寝れない時の対処方法として水分を多く摂取する場合には、なるべく常温からホットの飲み物を飲むようにしてください。
冷たい物を飲むと炎症が強くなる可能性がありますので、白湯やお茶などがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

【身体を温める】

 

膀胱炎の痛みで寝れない時の対処方法として有効なのは、身体を温める事です。
体を温めると細菌に対する免疫力があがります。
特に下腹部を温めたり、温かい飲み物を飲んだり、靴下を履いたりなどは非常に有効な膀胱炎の痛みで寝れない時の対処方法になります。
しかし、靴下はきつい靴下を履くと血行が阻害されますので、緩めの靴下を選ぶようにしてください。

 

 

今回紹介した膀胱炎の痛みで寝れない時の対処方法は、色々な方法の中でも非常にチャレンジしやすい内容となっておりますので、膀胱炎が痛くて寝れない時には、ぜひチャレンジして欲しい対処方法になります。
また、症状が重い場合には、なるべく早く病院へ行き、抗生物質などを処方してもらい、早目に対処するのもおすすめです。

 

スポンサーリンク