膀胱炎の検査で気になる数値

膀胱炎の検査で気になる数値

スポンサーリンク

 

女性の方に多い膀胱炎は、症状が悪化してしまうと日常生活を送れなくなるほど酷い状態になってしまい、最悪は入院しなければいけなくなってしまいます。
早期発見、早期治療をする事ができれば、数回の通院で構成物質を服用するだけで症状は抑えられますので、体調の変化に気を付けて行く事が重要になります。
もしかしたら膀胱炎かもと思ったら簡単な検査を受けるようしてください。
そこでこちらのページでは、膀胱炎の検査で気になる数値などの情報をご紹介します。

 

 

【膀胱炎は簡単な検査で調べることが出来る】

 

膀胱炎は簡単に調べることが出来ます。
もちろん料金も他の検査と比べたらかなりリーズナブルな料金で行う事ができますので、怪しいと疑っているような場合には、早目に検査を受けるようにしてください。
また最近では、自宅でする事ができる検査キットなども発売されており、スマートフォンなどからWEBショップにアクセスし、購入する事ができてしまいますので、忙しくて病院に行っているヒマがないという方や、泌尿器科に行くのが恥ずかしいという方はキットを購入するのもおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

【膀胱炎の検査で気になる数値】

 

膀胱炎の検査で気になる数値を知っておくと、医師の説明で分からない所があった時に質問する事ができます。
逆に数値の内容が分からないような場合には、自分の状態がどのようになっているのかを結果報告を聞いてもわからないので、数値についての知識は非常に重要になります。
膀胱炎の検査で気になる数値は、尿の反応pHが6以上のアルカル性に偏っている場合であったり、亜硝酸塩で陽性の場合、尿たんぱくが陽性の場合、尿白血球が陽性の場合には膀胱炎の可能性が高くなっております。
ただし、病院によっては尿の反応phが5.0から9.0の数値は正常範囲という所もありますので、しっかりと確認するようにしてください。

 

 

今では治療法が確立されていますので、それほど恐ろしい病気ではなくなりましたが、やはりかなりの痛みを伴いますので、早期発見できるように異変を感じたら早目に病院へ行くようにしてください。

 

スポンサーリンク