子供の膀胱炎の時の症状で発熱や腹痛の対処法

子供の膀胱炎の時の症状で発熱や腹痛の対処法

スポンサーリンク

 

膀胱炎と言えば、成人女性がなりやすい病気のように思われているかも知れませんが、実は小さなお子様からご年配の方まで女性であればなる可能性が非常に高い病気になっております。
そこでこちらのページでは、子供の膀胱炎の時の症状で発熱や腹痛の対処法などの情報をご紹介します。
女の子のお子さんがいる場合には、ぜひ注目してみてください。

 

 

【子供の膀胱炎の時の症状】

 

子供が膀胱炎になった時には、色々な症状が現れますが、赤ちゃんの尿路感染の場合には、38.5度以上の発熱と腹痛、背中の痛み、排尿時の痛み、おもらしをしない年齢のお子様でもパンツをぬらしてしまうような症状があります。
特に子供の腹痛や発熱の症状は、症状の進行具合がかなり進んでいる状態で発生しやすくなっておりますので、子供の熱や腹痛の症状が出たら疑うのも必要になります。

 

 

【子供の膀胱炎の難しさ】

 

子供は大人と比べて尿道が短くなっておりますので、体外から感染しやすく膀胱炎になりやすいと言われています。
特に0歳から3歳はかなり尿道が短くなっておりますので、どうしても発症しやすくなっております。
また、子供が発症しても気付きにくいので重症化しやすくなっておりますので、保護者の方がしっかりと注意しておく必要があります。

 

スポンサーリンク

 

【発熱や腹痛の対処法】

 

発熱した場合には、感染が腎臓まで及んでいる可能性があります。
初期症状では発生しませんので早急に病院へ行き正しい対処法を施す必要があります。
発熱や腹痛の症状の対処法は、抗生物質や尿路消毒薬を使って体内の細菌を殺菌する対処法と、水分を多く摂取することによって、おしっこと一緒に細菌を体外に排尿する対処法が有効になります。
一般的な膀胱炎でしたら、安静にしていれば完治しますが、高熱が出るような場合には、病院へ行き、抗生物質などを服用する対処をしてください。

 

 

子供が発熱や腹痛が出た場合には、初期ではありません。
単なる風邪の可能性もありますが、その場合には、排尿した尿の色や臭いなどに注意してください。
とにかく早めに対処する事が必要になりますので、病院へ早急に向かって下さい。

 

スポンサーリンク