膀胱炎に効果のあるクラリスロマイシンの副作用

膀胱炎に効果のあるクラリスロマイシンの副作用

スポンサーリンク

 

膀胱炎に効果のある薬剤として人気のあるクラリスロマイシンは、利用している方は多くいらっしゃいますが、副作用などを含め、実際にしっかりと理解している方はそれほど多くありません。
そこでこちらのページでは、膀胱炎に効果のあるクラリスロマイシンの副作用などの情報をご紹介します。

 

 

【膀胱炎に効果のあるクラリスロマイシンとは】

 

クラリスロマイシンがどのような薬剤なのかというと、風邪が悪化した時の気管支炎や肺炎の一歩手前の状態や中耳炎、咽頭炎、副鼻腔炎など色々な炎症を抑える効果のある抗生物質になります。
当然、膀胱炎などにも効果があります。

 

 

【効果は市販薬の中ではピカイチ】

 

市販されている薬の中でもクラリスロマイシンは、膀胱炎に効果的な抗生物質です。
用法や用量をしっかりとまもっていれば、大抵の方は副作用の心配がないとも言われていますが、副作用のない薬など存在しておりませんので鵜呑みにする事はできません。
しかし、膀胱炎の症状が辛いような時には、病院にいかずとも。
ある程度対応する事ができますので覚えておいて損はありません。

 

スポンサーリンク

 

【クラリスロマイシンの副作用】

 

膀胱炎に非常に効果的なクラリスロマイシンですが、やはり副作用も当然あります。
他の抗生物質よりも副作用は少ないと言われておりますが、注意するに越した事はありません。
クラリスロマイシンの副作用として有名な物が下痢や嘔吐、腹痛、胃の不快感などです。
特に下痢や腹痛の症状が現れる方がいますので服用には十分に注意するようにしてください。
また、件数自体はかなり少なくなっておりますが、肝機能障害、再生不良性貧血、出血性大腸炎、間質性肺炎、けいれん、スティーブンス・ジョンソン症候群などの副作用が現れる可能性がありますので十分に注意してください。

 

 

非常に効果のあるクラリスロマイシンですが、用法や用量を守らないと、重大な症状が現れるケースがあります。
また、重度の膀胱炎の場合には、早目に病院で適切な治療を受けるようにしてください。

 

スポンサーリンク