膀胱炎 薬 クラビット 効かない 原因

膀胱炎の薬「クラビット」が効かない原因

スポンサーリンク

膀胱炎は女性がなりやすい病気であり、再発する確率も高い病気となります。
病院を受診すると抗生剤が処方されるようになります。
しかし、処方される抗生剤「クラビット」が、突然効かない状態になったという人は少なくありません。
その原因は、何度も膀胱炎を繰り返すうちに、身体に耐性菌ができてしまったことが原因です。
クラビットのみならず、同じ薬を飲み続けていると、体の中に抗体ができてしまい、病気の原因菌をやっつけることができなくなるというわけです。
クラビットが効かない場合には、病院を受診してほかの薬を処方してもらうようにしましょう。
しかし、膀胱炎を繰り返す方の場合には、その薬の耐性もできる可能性があり、いずれ効かないといった状態に陥ります。
薬だけに頼るのではなく、体質や食生活などの改善を心がけ、身体の免疫力をアップさせて、そもそも膀胱炎に罹患しにくい体質を目指しましょう。
下半身、特にお腹周りを冷やさないようにするというのも、膀胱炎の予防策となります。

スポンサーリンク

クラビットなどの抗生剤は、膀胱内で繁殖した細菌を殺す働きがあります。
そもそも膀胱炎は、尿道から侵入した細菌が、膀胱内で繁殖し炎症を引き起こすことが原因となるのですが、細菌感染のほかにも実はストレスも、膀胱炎に大きく影響しています。
クラビットはあくまでも細菌をやっつける薬であり、ストレスを解消させる効果はありません。
ゆえに、上手にストレスを発散させるということも対処法のひとつとなります。
頻尿や排尿痛、残尿感などの症状を伴う病気ですが、ごく初期の段階であれば自然治癒させたり、市販薬での治療も可能です。
受診する科が泌尿器科となるだけに、病院にかかることを躊躇される方も多いのが実際のところです。
膀胱の炎症は悪化してしまうと、腎臓へも悪影響を及ぼしてしまいますので、市販薬で症状の改善が見られない場合には、医療機関への受診が必要となります。
また、血尿が出ているような場合には、自然治癒することは難しいので、きちんと病院で治療を受ける必要があります。

スポンサーリンク