膀胱炎 痛み 歩けない 対処 方法

膀胱炎の痛みのせいで歩けない場合の対処方法

スポンサーリンク

膀胱炎は早期治療をすれば回復する病気ですし、それほど酷くなってしまう可能性も低いでしょう。
しかし、放置しておくとどんどん痛みが酷くなり、最悪歩けない状態になってしまうこともあるのです。
このような状態にならないための対処方法を知ることが重要です。

 

 

【激しい痛みがある膀胱炎】
膀胱炎にもいろいろな症状や種類があるのですが、歩けないほど痛い場合というのは、間質性膀胱炎の可能性があります。
なぜ発生してしまうのかという原因はまだ知られていないのですが、炎症が酷くなって深い部分にまで到達してしまうことで歩けないほどの痛みが出てしまうと言われているのです。

 

 

このような場合の対処方法は、速やかに病院へ行くことでしょう。
自分自身で痛みを抑えようとしても、どうにもならないことが多いので、このようなときには病院へ行って頼るしかありません。
間質性膀胱炎は歩けないほどの痛みが出ることも特徴ですが、他にもいろいろな特徴が出る場合があるので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

【よく行われている対処方法】
痛みが激しくて歩けないぐらいの症状が出てしまうこともある間質性膀胱炎ですが、基本的な対処方法は、できるだけ早く泌尿器科を受診することが大切です。
医療機関では、主に薬を用いた対処方法が一般的なのですが、歩けないぐらいの痛みがある場合には、委縮した膀胱を水圧で拡張する方法や、直接膀胱内に薬物を投与する対処方法があります。

 

 

ただし、水圧で拡張する対処方法はあまり行われていません。
なぜなら効果が持続しにくいからです。
他にも手術をする方法もあるのですが、あくまで最終手段だと言えるでしょう。
膀胱炎にならないためには、細菌感染を防ぐだけではなく、規則正しい食生活や軽い運動なども重要になります。

 

 

基本的に膀胱炎になったらすぐ泌尿器科を受診することが重要です。
そのため、歩けないほど痛みが強くなるまで放置していてはいけません。
初期段階できちんと治療をしておけば、このような酷い状態になるケースは少ないと言えるでしょう。

スポンサーリンク