慢性膀胱炎 更年期 症状 治療

慢性膀胱炎と更年期の関係性、その症状と治療について

スポンサーリンク

慢性膀胱炎と更年期の関係、そして膀胱炎の症状と、正しい治療方法について取り上げます。
加齢に伴いリスクが高くなる慢性膀胱炎、更年期における状態にも注意しなければならないようです。

 

 

【膀胱炎の分類】
病気は、その症状の出方によって、『慢性』ものと、『急性(突発性)』のものに分けることができます。
急性は前兆もなく急に症状としてあらわれることが多いですが、慢性のものは、その症状が既に日常的になっており、苦痛を長い間感じている場合もあります。
その場合、治療が難しいこともあります。
今回取り上げる『慢性膀胱炎』は、一般的な膀胱炎とほぼ同様のもの、と捉えても問題ないでしょう。
いわゆる慢性膀胱炎(慢性複雑性膀胱炎)に関しては、細菌が原因となりますが、結石がその元となることもあり、本来は女性に多いとされている膀胱炎も、男性のリスクも高くなります。
治療が必要な場合も少なくありません。

 

 

【特徴について】
慢性膀胱炎は、一般的な膀胱炎の症状、頻尿や白濁尿などが見られるようになり、それが慢性化しているような状態なので、治療が必要になる場合が多いです。
他の病気と症状が被っていることもあり、早急な検査が必要です。

 

スポンサーリンク

【筋肉との関係性】
膀胱炎は、加齢によってもそのリスクが高くなるとされていますが、その一つの理由は筋肉の衰えです。
本来支えられるはずのものがささえられなくなって症状が発生します。
これは細菌性ではなく、非細菌性の膀胱炎となります。
ということは、いわゆる「更年期」の時期にも、そのリスクが高まる、ということです。

 

 

【更年期とホルモン】
更年期は、体のホルモンバランスが崩れます。
それによって女性は様々な症状を感じるようになり、精神的に不安定になることも多くなります。
それに併せて、頻尿、白濁尿、残尿感などを感じるリスクが高くなります。
抑えるには、その根底となっている部分を治療する必要があります。
更年期は一日や二日で治るものではありませんから、まずは生活習慣を正す、これが何よりも治療のために優先される場合があります。

 

 

更年期には様々な症状に悩まされるものですが、更年期には慢性膀胱炎、それに類する排尿の障害に悩まされるリスクも高くなります。
慢性膀胱炎には治療が必要な場合もあるので、まずは検査をし、生活の改善を図る必要があるかもしれません。

スポンサーリンク