膀胱炎 お風呂 入浴 うつる

膀胱炎はお風呂で一緒に入浴するとうつる?

スポンサーリンク

膀胱炎は感染性?一緒にお風呂に入浴するとうつるというのは本当なのでしょうか。
菌がお風呂という媒体を通して、同じ場所に入浴したとき、感染するリスクはあるのでしょうか。

 

 

【感染するおそれ?】
ある人が感染性の病気を持っている場合、その人との交渉によりその病気がうつる場合があります。
ただし、直接的な交渉ではなくても、飛沫感染のような、空気やその他の媒体を通してうつる可能性もあります。
ウイルス性のものはそれが顕著です。
病気によっては、感染者が入ったお風呂に入浴することで感染する場合もあります。
では、「膀胱炎」というものは、人から人へ感染することがあるのでしょうか。

 

 

【本来の原因】
そもそも膀胱炎と言うのは、いわば膀胱内に細菌が入り込んでしまうことによるものです。
尿道から菌は入り込みますが、女性は男性よりも尿道が短いという特性があるため、その細菌が入り込みやすい、いわば、膀胱炎になるリスクは高い、と言えます。
実際に患者も、女性の方が多いのはそのためです。
この膀胱炎が感染するのかというと、正確には、膀胱炎の原因となる細菌が、感染者が入浴したお風呂に入った、または一緒に入ることによって、感染する、うつる「可能性」はあります。

 

スポンサーリンク

【感染の要因】
膀胱炎は、その菌が他者に感染することによって、うつることは十分にあり得ます。
そのリスクが高いのが、性交渉ともされています。
ですからお風呂のお湯を媒体として、尿道から細菌が入り込む可能性はあります。
ですから、まずはそういった面で、清潔さを保つ、という必要があるでしょう。
特に女性は、その点で注意が必要だと言えます。

 

 

【リスクを把握しておく】
といっても、これは治る病気です。
きちんと治療を行い、生活に注意することで治療することができます。
最近が入り込まないように、清潔にすること、お風呂の入浴などの際に注意すること、その他様々な面で、予防する、原因菌が他人からうつることのないように対処することは可能です。
膀胱炎自体がうつることはありませんが、その菌がうつる、というリスクを覚えておきましょう。

 

 

膀胱炎の人が入浴したお風呂に、入浴することによって、菌がうつる可能性は否定できません。
女性は特にリスクが高くなるので、注意が必要だと言えるでしょう。

スポンサーリンク