膀胱炎 検査 時間

膀胱炎の検査時間と対処法

スポンサーリンク

感染症として知られる膀胱炎は、放っておくと排尿の時に激しい痛みがあり、血尿などの症状も引き起こしてしまいます。
早めの対処のために、専門機関で検査を行う事が大切です。
膀胱炎は、泌尿器科や内科で診てもらう事が出来ます。
結果が出る時間は、病院によって違うのが特徴です。
泌尿器科は膀胱炎などを専門に扱う機関のため、結果が出るのも早いです。
膀胱炎の検査はまず尿を摂取し、尿検査を行います。
尿にある白血球が増えていたり、細菌が見つかった場合は膀胱炎となります。
また同時に「細菌培養検査」も行い、尿の中にある細菌の種類と、抗生物質の効き目などを見ます。
この結果はすぐには難しいですが、4日程で出るため比較的短い時間です。
検査自体の時間は尿を取るだけなので早く終わります。
内科を利用する場合は、総合病院のように大きな病院をおすすめします。
総合病院には様々な科があるため、検査レベルも高く結果がすぐにわかる事が多いです。
早い対処を行うために、検査はしっかり行いましょう。

スポンサーリンク

膀胱炎の治療法は、抗菌薬の処方が一般的です。
服用して2、3日程で症状が治まり、難しい治療は必要ありません。
しかし膀胱炎は、一度起こすと再び発症する可能性が高いので、再発を防ぐために抗菌薬の処方を長くする場合が多いです。
抗菌薬を使用して水分を積極的に取り、尿で細菌を流す事が大切です。
症状があると排尿が辛いですが、我慢して意識的に排尿するようにしましょう。
辛い症状を引き起こさないためには、日頃からの生活も気をつける必要があります。
ストレスが溜まりやすく疲労が多い、冷えやすいといった体質は、免疫力が弱まっているので細菌の感染にかかりやすいのが特徴です。
これらの原因は、意識すれば改善する事が出来ます。
ストレス解消を心がけ、十分な睡眠や休息を取りましょう。
身体を温めるために、適度な運動と食事の改善も大事です。
また、尿の回数が少ない事も原因になるので、あまりトイレに行かないという場合は利尿作用がある、お茶やコーヒーを取り入れる事も必要になります。

スポンサーリンク