膀胱炎 症状 女性 かゆみ

女性の膀胱炎によるかゆみの症状について

スポンサーリンク

膀胱炎とは数多くある感染症の一種で、膀胱に細菌が侵入・増殖する事で炎症を起こすというものになります。
原因となる細菌にはいくつか種類がありますが、最も多いのが大腸菌で次いでブドウ球菌等があります。
膀胱炎は年齢や性別は問わずに誰でも発症する可能性がありますが、基本的には女性が患者となるケースが多いです。
なぜ女性患者が多いのかについては、女性の尿道が男性の尿道に比べて短い事が大きな要因となっています。
尿道が短いために細菌が膀胱に侵入しやすくなり、その結果としてこの疾患を発症してしまう事になるのです。
ちなみに膀胱炎は急性タイプと慢性タイプの2種類に大きく分類でき、一般的によく知られているのは急性タイプになります。
急性タイプは症状が急激に現われるのが特徴で、慢性タイプは自覚症状が現われにくいのが特徴となっています。
そのため慢性タイプの場合には本人が発症に気付くのが遅れる事も珍しくなく、これによって治療開始が遅れてしまう事も少なくないです。

スポンサーリンク

膀胱炎を発症した場合に現われる症状としては、下腹部の不快感や排尿痛、トイレが近くなる等が挙げられます。
ちなみに女性患者の場合には尿道付近のかゆみを訴える人も少なくないですが、これも尿道が短い事が原因となっています。
また尿道付近は常に服に覆われて風通しが悪いために、状態が悪化してかゆみが増してしまう事も多くあります。
かゆみが発生している場所が場所なだけに言いにくい人もいますが、放置するのは良くないので早めに病院で相談するのが望ましいです。
膀胱炎の治療方法については薬物療法を行う事が多く、原因となっている細菌に効果がある抗菌薬等が処方されます。
ちなみに抗菌薬等の服用を開始してから数日程度で、患者の多くが症状の改善を実感すると言われています。
こうした薬物療法と合わせて大切になるのが充分な水分補給なのですが、患者の中には水分を意識して控えてしまう人もいます。
これは排尿痛の症状が現われるのを嫌がるためですが、膀胱炎では尿と一緒に細菌を排出する事が重要なので治りが遅くなる場合があります。
そのため水分は充分過ぎるくらいに補給するように心掛ける事が、早く治すための大切なポイントになります。

スポンサーリンク