膀胱炎 血尿 固まり

膀胱炎と血尿の固まりについて

スポンサーリンク

膀胱炎という病気があります。
これは症状や原因によっていくつかの種類に分けることができるようになっています。
そのなかで排尿の際に血尿が出るというようなことがあります。
このように血尿が出る場合には、出血性膀胱炎と呼ばれるようになっています。
なぜこのように血尿が出るようになっているのかというと、出血性膀胱炎の原因は、ウイルス感染や医薬品の服用などが考えられています。
このようにいくつかの原因が考えられています。
膀胱炎という病気がありますが、これは膀胱の粘膜に炎症が発生するようになっています。
しかし出血性の場合には膀胱の粘膜の全体から出血しているというように考えることができます。
体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、血尿が出るようになっています。
このほかにはトイレに行く回数が多くなったり、排尿の際の痛みや残尿感を感じるようになっています。
はっきりと血が混ざっているということもありますが、血の固まりが見られることもあります。

スポンサーリンク

血の固まりが見られるというような場合には、症状が重いと判断することができます。
しかし血の固まりが肉眼では確認することができないというような場合もあります。
したがって排尿の様子を確認するだけでは、症状をしっかりと判断することができません。
子供のこのような症状が見られるという場合には、ウイルスが関係していることが多くなっています。
排尿の際に痛みがあり、真っ赤な出血が見られるようになっています。
このようなウイルスに効果がある薬が現在ではありません。
したがって治療方法は自然治癒ということになります。
全身性の異常がないかしっかりと確認することが大切になります。
医薬品が関係しているということがあります。
この場合免疫抑制剤や抗アレルギー薬などが関係しています。
しかしすべての医薬品に原因があるということではありません。
最近では放射線治療が原因となっていることもあります。
今までに放射線治療を受けたことがあるという履歴から判断されることもあります。

スポンサーリンク