膀胱炎 病院 行かない

膀胱炎で病院に行かない方法とは!?

スポンサーリンク

膀胱炎の症状が現れた時、忙しくて病院に行く暇がないという場合もあるかと思います。
しかし、膀胱炎は細菌感染症に分類されるため、自己治療が難しい病気です。
膀胱内にある細菌を残しておくと、一度は治っても再び症状が出るという事になり兼ねません。
膀胱炎はクセになるとよく言われますが、これは膀胱内で増殖した原因菌が完全に除菌されていないことが考えられます。
再発させないために、病院で処方される抗菌薬を飲む必要があります。
そのため病院での治療が早く治す方法です。
症状としては、頻繁に尿意を催す、尿が白く濁っている、尿を出す時痛みを感じるなどです。
重度の場合、膀胱の粘膜の炎症が酷くなり出血して血尿を起こす事もあります。
また、病院に行かないで放置しておくと、更に酷くなり膀胱だけでなく腎臓機能にも異常を起こす恐れがあるので、早めに検査と対処を行う事が重要です。
病院に行かないままでも治る場合はありますが、確率的には低いとされます。
自覚症状が出た際は、泌尿器科などで適切な処置をしてもらいましょう。

スポンサーリンク

専門機関で行う治療は、薬の処方です。
使う薬は原因である細菌に効果のある、抗生物質を含んだ「抗菌薬」が一般的です。
医師によって異なりますが、大体服用して3日ぐらいで症状は治まるので、服用期間は1週間ぐらいを目安にされています。
症状が治まっても、細菌が完全には死なずに残っている事があるので、医師が決めた期間は服用するようにしましょう。
また、尿を出す事は膀胱内の細菌を排出する働きもあり、細菌を残す事を防いでくれます。
痛みがあるからと我慢せず、多めに水分を取って出来る限り排尿する事が大切です。
時間がない、検査が不安という理由でどうしても病院に行く事が難しい場合は、行かないで済むように日頃から予防策を取りましょう。
膀胱炎は細菌感染が原因なので、尿道の入り口などデリケートな部分を清潔に保つ事が大事です。
また疲れやストレスなど、身体の抵抗力が弱まっていると細菌に感染しやすくなるため、普段から健康的な生活を意識する事が予防に繋がります。

スポンサーリンク