膀胱炎 予防 運動

運動と生活習慣で膀胱炎を予防しましょう!

スポンサーリンク

日頃から尿の回数が少ないと、「膀胱炎」を引き起こす確率が高くなります。
膀胱炎は、主に大腸の細菌が膀胱の中に侵入し、内部で繁殖して炎症を起こす症状です。
そのため尿道から膀胱の間が短い構造の女性に多く、10代後半から30代ぐらいの女性がなりやすいとされます。
症状としては、慢性と急性で変わります。
特に多いのは急性の方で、頻尿や尿を排出する時に痛みを感じる、お腹の下部分に違和感があるなどです。
慢性の場合は、自覚症状があまり感じられず、膀胱の働きが悪くなっているのが原因とされます。
膀胱炎を防ぐためには、日頃からの意識が大切です。
尿は膀胱内を綺麗にする役目があるので、1日の尿回数が少ない場合は、水分を多めに取って回数を増やすようにしましょう。
利尿作用のある飲み物を積極的に取る事も効果的です。
また、膀胱炎は普段の生活習慣や運動不足で体内の機能が低下する事も原因とされます。
予防のためには生活習慣を見直し、無理のない運動を続ける事が大切です。

スポンサーリンク

膀胱炎は発症すると、尿を排出する時に辛くなります。
そのため、発症時は尿を我慢する方が居ますが、膀胱に溜まった細菌を流すためにも、意識して尿回数を増やす事が大事です。
少しでも排尿時に異常が感じられたら、泌尿器科で診てもらいましょう。
検査は尿検査を行い、尿の中に細菌と規定値以上の白血球がある場合、膀胱炎として診断されます。
検査は難しくはないので、安心して行えます。
治療法としては、細菌に効果的な「抗菌薬」を使用します。
症状のレベルにもよりますが、再発を防止するために、1週間程度処方される事が多いです。
一般的には、3日と短い期間で症状は治まります。
排尿は人間にとって欠かせない行為です。
痛みがあると排尿が難しく嫌になります。
膀胱炎は普段の意識で予防する事が出来るため、積極的に水分を取って細菌の感染を防ぎましょう。
また、尿道付近を清潔に保つ事も大切です。
運動と生活習慣の改善、清潔感を意識すれば細菌の感染は予防出来ます。
ストレスなど溜めず、健康的な生活を心がけましょう。

スポンサーリンク