女性 膀胱炎 症状 かゆみ

女性のかゆみ、痛みなどの症状で膀胱炎などを見過ごさない

スポンサーリンク

膀胱炎は大腸菌の感染などが原因で膀胱に炎症がおこる病気で、女性に非常に多い病気です。
女性の尿道は男性に比べ短く、細菌が発生しやすく膀胱や肛門と距離が短いため、細菌に感染しやすい構造となっているためと考えられています。
症状は主に、排尿時の激しい痛みや、残尿感、頻尿、血尿などです。
膀胱炎を放置してさらに悪化させると腎盂腎炎などを起こし、高熱や、背中、腰の痛みなどが出る場合もあります。
通常膀胱炎だけではかゆみはありませんが、その付近に炎症が起こればかゆみが起こることもあります。
これらの症状は体を冷やしたり、長時間排尿を我慢した後などによく現れます。
疲労やストレスで体の抵抗力が弱くなっているときも細菌に感染しやすくなります。
また、膀胱の中に結石があったり、膀胱の壁に憩室と呼ばれるへこみができて、そこに尿がたまる人は膀胱炎が慢性化する恐れがあります。
この場合は結石や憩室など原因そのものの治療が必要となります。
膀胱炎を繰り返す人は必ず医師の診察を受けた方がよいでしょう。

スポンサーリンク

医師の診察を受け膀胱炎と診断されると、抗生物質などが処方されます。
抗生物質を内服すれば1〜2日程で症状が落ち着きますが、そこで薬を飲むのをやめてしまうと、細菌が増殖してしまい、再び症状が悪化することになります。
処方された抗生物質は必ず指示されたとおりに飲み切ることにしましょう。
服用を途中でやめてしまうことは再発につながる恐れもあります。
日常生活では、入浴などでなるべく下半身を温め、水分をたくさんとって尿を出すようにしましょう。
ただし、飲酒や刺激物は控えるようにしてください。
これらのことは膀胱炎の予防のためにも大切なことです。
ほかには、排便や排尿後はきれいに拭き、清潔に保つことも重要です。
また、入浴等で清潔を保つなど、常に清潔を心がけ細菌を寄せ付けないことが予防につながります。
女性の体はとてもデリケートなので、細やかに気を配り、かゆみやただれなどの異常を見過ごさないことが大切です。

スポンサーリンク