膀胱炎 安静 血尿

血尿を引き起こす膀胱炎と安静の必要度

スポンサーリンク

頻尿や排尿時と後の焼けつくような痛み、血尿など膀胱炎の症状は酷くなると腎臓にまで影響を及ぼす事があります。
日頃の予防と、自覚症状が現れたら早めに専門機関で診てもらう事が大切です。
検査を行うなら、泌尿器科が効率的です。
専門に扱っているので知識も広く、時間もかからず診断する事が出来ます。
検査には尿を扱うため、尿検査しやすい服装など考慮するとスムーズに行えます。
また、膀胱炎時でも水分補給は大切です。
尿意を催したら、なるべく我慢しないですぐに排出するように心がけましょう。
頻尿や排尿の時の痛み、尿の濁りは膀胱炎の主な症状です。
この他に、酷くなると「血尿」が起こる場合もあります。
原因として細菌が膀胱内に侵入し炎症を起こしているので、その炎症が酷くなると粘膜が赤くなります。
そのため排尿時に出血を起こし、血尿が出てしまいます。
症状が酷くなる前に、少しでも排尿に対して異常が感じられたら、専門機関で診断してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

膀胱炎は基本的に、体調が悪くなる事が少ないのが特徴です。
そのため、通常の風邪や病気のように安静にする必要はなく、動けるなら動いても問題はありません。
医師によっては「安静に」と言われる事もあるので、その時は医師の指示に従って安静にしましょう。
家事など意外と体力を使うものは、手短に済ませる、家族に手伝ってもらうなどの工夫が大切です。
治療法としては、抗菌作用のある薬で原因である細菌を壊します。
膀胱内に細菌が残っていると、短期間で再発という事も考えられるため1週間ぐらいは服用するようになります。
この辺は医師が指示をしてくれるので、きちんと従い自分で判断しないようにしましょう。
安静にする必要はないといっても、身体が極端に疲れていたり辛かったりした場合は無理をしない事が大切です。
適度に休息を取り、抗菌薬を服用すれば3日程度で症状は治まります。
自然と治る場合も稀にありますが、基本的には病院での治療が必要です。
異常を感じたら検査を行い、的確な対処をしてもらいましょう。

スポンサーリンク