膀胱炎 病院 行けない

膀胱炎で病院へ行けない時の対処法

スポンサーリンク

頻尿や排尿痛などの症状があり、膀胱炎が疑われる場合には、泌尿器科を受診して菌を殺す抗生物質を処方してもらった方が治りが早いのですが、中には忙しくてなかなか病院へ行けないという人も存在しています。
膀胱炎も初期の状態で、比較的症状も軽いのであれば、病院を受診しなくても自然治癒させることも可能です。
 初期の段階であれば、意識して水分を摂るようにし、こまめにトイレに行って排尿することによって、膀胱内の細菌も一緒に排出されます。
膀胱の中に尿がたまっている時間を極力短くするということがポイントです。
また、こまめな排尿と併せて、下腹部を温めて睡眠をしっかりと摂るというのが、病院へ行けない時の対処法となります。
 しかし、排尿時に強い痛みがあったり、血尿、かゆみなどの症状がある場合には、自然治癒できるレベルではなく、病院を受診する必要があります。
泌尿器科に時間がなくて行けないという場合でも、何とかスケジュール調整を行って受診するようにしましょう。

スポンサーリンク

そもそも膀胱炎は、尿道から細菌が侵入して、膀胱内で細菌が繁殖することによって、膀胱が炎症して引き起こされる病気となります。
そして、男性に比べて圧倒的に、女性の罹患率が高い病気となります。
女性であれば、一生に一度は必ず罹患するというくらいポピュラーな病気でもあります。
女性は男性に比べると尿道が短く、尿道と肛門の位置が近いために、外部から細菌が侵入しやすいということが、膀胱炎になりやすい理由となります。
 膀胱炎は再発しやすい病気であり、一度かかると体力が落ちて身体の免疫力が低下した際には再発しやすいという特徴があります。
病院で治療を受ける際には、必ず処方された薬は指示通りに飲みきるようにしましょう。
症状がなくなったからと、中には自己判断で薬の服用を中止する方もいらっしゃるのですが、実は膀胱内の原因菌は完全に死滅していない可能性が高く、その場合再発してしまいます。
ゆえに、完全に菌を殺すように、処方された薬は指示通り飲みきるというのが鉄則となります。

スポンサーリンク