膀胱炎 血尿 市販薬

膀胱炎の血尿と市販薬について

スポンサーリンク

女性はトイレに行くのを我慢するということがあります。
また寒いところに長時間いた後に、尿が出にくいと感じることがあります。
このように排尿に関して違和感があるというような経験をしたことがある女性が多くなっています。
このような症状が現れたときに考えられる病気は、膀胱炎ということになります。
膀胱炎は女性に多くなっていますが、尿道から細菌が侵入し、この部分で感染を引き起こしているという状態となります。
症状が悪化すると、血の混ざった尿が出ることもあります。
膀胱の中の細菌がいなくなれば完治するということになりますが、痛みを伴うことがあるので非常につらいものとなっています。
女性は肛門と尿道との距離が、男性と比べて短くなっています。
したがって膀胱の中に大腸菌などが侵入しやすくなっています。
生理中や妊娠や出産の時にも細菌が入りやすくなっています。
また通勤や仕事の際にトイレを我慢するという人が多くなっています。
これで膀胱炎を引き起こしやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

膀胱炎の際に血尿や腰の痛みを感じるということがあります。
排尿の際の違和感や痛みや残尿感、このほかには血尿というような症状がよく現れるようになっています。
なぜ血尿が発生するのかというと、これは膀胱の中の粘膜が炎症を引き起こし、その結果出血が発生するようになっています。
しかし実際には膀胱炎によって発熱や腰痛が見られることはありません。
この場合には腎臓まで細菌が広がっているという可能性があります。
膀胱炎の原因は、細菌が膀胱の中で増えてしまうこととなっています。
したがって一番効果が高い方法は、しっかり洗い流すということになります。
症状が強く表れるという場合には、病院を受診するようにします。
しかし病院に行くことができない場合は市販薬もあります。
市販薬はいくつかの種類があります。
漢方薬などの市販薬は、尿を排出しやすいようにしたり、炎症を抑えるというような効果が期待されています。
初期の症状の際には使ってみるという方法もあります。

スポンサーリンク