膀胱炎 症状 男

もし男性が膀胱炎のような症状に悩まされたならば

スポンサーリンク

男性の場合、女性と比べると膀胱炎になってしまう頻度は少ないとされています。
というのも男性は女性と比べて尿道が長く、症状を引き起こす原因となる細菌が膀胱にたどり着きにくいからです。
しかしながら男性が膀胱炎に掛かってしまうことも確かにあります。
もしそのような場合は女性と比べてより完治に時間が掛かってしまうことも多いので以下のような症状を感じた場合は注意が必要です。
具体的な症例としては、頻尿や尿をする際に痛みを感じてしまうこと、また尿が泡立っていたり色が茶褐色であったり明らかに血が混ざっている、これらのような症状がより起こりやすいと言えるでしょう。
一方でこれらは様々な疾患で起こりうる症状であるのも確かです。
男性の場合、尿道炎や前立腺炎など他の疾患がより起こりやすいのは間違いないのでこのような症状を感じた場合は膀胱炎だけを考えずに様々な疾患の可能性の一つとして頭に入れておくのがよろしいでしょう。

スポンサーリンク

先に述べた症状を感じた場合、尿道炎や前立腺炎などが原因で膀胱炎を併発してしまうというケースがより一般的であるのは間違いありません。
男性の場合は程度の差こそあれ前立腺炎に悩んでいる方々も少なくないので潜在的には膀胱炎を起こしやすい環境にある、といっても過言ではないでしょう。
そして前立腺炎や膀胱炎を引き起こす原因として一番に考えられるのは、やはりストレスです。
前立腺炎では非細菌性前立腺炎というように区分されることもあり、原因が細菌にあらずともストレスにより症状を引き起こしてしまうケースも多々あります。
そしてこのような場合は細菌に対する抵抗力が落ちてしまっているために結果として細菌性膀胱炎を引き起こしてしまうというケースも考えられる、というわけなのです。
膀胱及び前立腺炎は放っておいて治ることもありますが、慢性化してしまうと完治に時間が掛かってしまうことも少なくありません。
また、ご年配の方の場合は別の病気の可能性も考えておく必要もあります。
やはり少しでも膀胱や前立腺の様子に異常を感じたら早急に医師の診察を受けることをオススメします。

スポンサーリンク