膀胱炎 ビール 影響

膀胱炎の治療中でビールが与える影響とは?

スポンサーリンク

膀胱炎にかかると、医師からは細菌を体外に尿と一緒に排出させるために、意識して水分を摂るように指導がなされます。
しかし、利尿作用を期待して、水分としてビールを飲むという行為は間違っています。
ビールには確かに利尿作用はあるのですが、それ以上に膀胱炎を悪化させるリスクを伴っています。
 ビールなどのアルコール類を膀胱炎発症中に摂取すると、膀胱粘膜を充血させる可能性があります。
アルコールには血行促進効果もありますので、膀胱炎膜を充血させ炎症を悪化させてしまう危険性があります。
ゆえに、治療中にお酒を飲むと、その影響で治るまでの期間を長引かせてしまいます。
 そもそも膀胱炎とは、尿道から細菌が侵入し、膀胱内で細菌が繁殖し、炎症を起こすことが原因で発症します。
泌尿器科を受診すると、細菌を殺す抗生物質や利尿作用のある薬が処方されるようになります。
そして、利尿作用のある薬をアシストする目的で、意識して水分を摂るように指導されるようになります。

スポンサーリンク

膀胱炎治療中にアルコールを摂取することの悪影響については、膀胱粘膜を充血させる以外にも、身体の免疫力を低下させるという悪影響もあります。
アルコールは体内のリンパ球の働きを低下させてしまいますので、結果、身体に備わっている治癒力や免疫力が低下させてしまうというわけです。
 アルコールは、「百薬の長」と呼ばれることもあるように、健康な時に適量を摂取すれば身体にプラスに働きます。
しかし、あくまでも健康な時ということが前提となります。
膀胱炎だけではなく病気の治療中に摂取すると、症状を悪化させたり完治を長引かせる可能性があるということを認識しておきましょう。
ビールの利尿作用は、飲んだ以上の水分を排泄させてしまいますので、脱水症状を引き起こすこともあります。
 アルコールのほかに、コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェイン入りの飲み物も、膀胱の炎症が治まるまでは摂りすぎないように注意しましょう。
また、唐辛子などの刺激物も炎症を悪化させる可能性がありますので、治療中は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク