膀胱炎 抗生物質 種類 フロモックス

抗生物質が含まれる種類の膀胱炎の薬「フロモックス」

スポンサーリンク

フロモックスは急性膀胱炎を起こしたときに支給される薬の一つです。これは抗生物質をその成分の中に含んでいます。
フロモックスは膀胱炎だけではなく、他の病気もカバーできます。これは大腸菌やインフルエンザなどにも効果を発揮する上に、副作用があまりないからです。
とは言え、抗生物質を含んでいる薬である以上、誰に対しても副作用を発揮しないということはなく、注意が必要です。
その副作用の種類としては、お腹が緩くなったり、アレルギーや喘息の症状を悪化させるなどが確認されています。
そのため、医師からフロモックスを処方される際は、その病歴をきちんと申告するようにしましょう。
なお、副作用が出やすい人の特徴としては、腎臓に病気を抱えている人、高齢者となります。両方の条件に該当する人は、特に気をつける必要があります。
肝心なのは、そもそも膀胱炎にならないことです。これは日頃から健康的な生活を心がけていれば、充分狙えるものです。

スポンサーリンク

フロモックスを用いる際の注意点としては、症状が軽くなったからと、自己判断で服用をやめないことです。
 これは先に説明した副作用で苦しむことが多い人に、当てはまる話です。
彼らはもう大丈夫だと考えて、そうしてしまう傾向にあるのです。 
しかし、抗生物質で押さえつけていた菌やウイルスがそれを契機に復活するというのは珍しくありません。
そして一度死にかけてから復活した菌はよりやっかいになっていることが多いのです。
また、この薬は服用中に一定濃度を保つ必要がある種類に属しています。一日三回、食後に服用するのが基本とされています。忘れたりしないように気をつけましょう。
この薬を効果的に作用させるためには、多めに水分を取って、しっかりと身体を休める必要があります。
どんな種類の薬にも当てはまることなのですが、薬を飲んでいるからと無茶をしていたら、治るものも治りません。
健康的で規則正しい生活を送り、病魔を遠ざけるようにしましょう。

スポンサーリンク