膀胱炎 症状 治し方 血尿 市販薬 何科

膀胱炎の症状や治し方、血尿、市販薬などについて解説していきましょう。

スポンサーリンク

膀胱炎というのは膀胱に炎症が起こる病気です。
排尿後にスッキリしなかったり、痛みが出るというような状況になりますので出来るだけ早く治療したい、もしくは発症しないように予防したいと思うのが当然です。

 

このサイトでは膀胱炎についての基礎知識などを詳しく解説していますので他のページもぜひご覧ください。
この病気の概要についてお話していきましょう。

 

【原因】
この病気は細菌によるものがほとんどで、膀胱へ大腸菌や腸球菌が侵入することによって炎症が起こります。
しかし膀胱にはもともと防衛機能が備わっているため、細菌は外へと排出されますので細菌が侵入しただけでは発症しません。

 

発症するきっかけになるものがトイレを我慢して膀胱が伸び尿が溜まった状態、長時間の冷えなどによって膀胱内部の血流量が減ると防衛機能の働きが弱くなり、細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

 

その他にもストレスや疲労、寝不足などの生活習慣の乱れなどによって免疫力が低下すると発症しやすくなるとも言われています。

 

【症状】
残尿感、頻尿が起こります。
初期段階ではトイレに行く回数が増えた程度ですが症状が進行していくと徐々に回数は増え、最終的にはトイレから出られないほどになります。

 

これらは炎症によって膀胱が過敏になってしまっているため生じます。
その際には血が混じったり尿が白く濁ったりすることもあり、痛みも伴うこともあります。
他にも発熱や腹痛、腰痛などを伴う場合もありますので、それらの症状が出ている場合には早めに病院で検査を受けましょう。

 

【種類】
この病気には2種類あり、急性と慢性の2種類です。
上述したものは多くの人が発症する「急性」です。
慢性化しているものは急性膀胱炎を発症して途中で薬の服用をやめてしまったりすることによって再発したり、他の病気が原因となるものに分けられます。

 

他の病気というのは尿路結石、前立腺肥大症、膀胱結石、糖尿病などが挙げられます。
膀胱結石の場合は膀胱に結石が出来て、その中にいる細菌が膀胱内部で増殖することによって発症します。

 

また細菌が抗生物質に対する耐性を持ってしまっている場合にも薬が効かずに慢性化してしまうこともあります。

スポンサーリンク

【治療】
その方法は主に薬物療法がメインとなります。
抗生物質を服用することにより細菌を殺菌し炎症を鎮めます。

 

上述したように医師から指示された期間は服用することも大切で、途中で自己判断によって中止してしまうと悪化や再発してしまうこともありますので注意が必要です。
水分を多くとることによって尿の排出を促すことによって細菌を外へ排出できますので水分をたっぷり摂りましょう。

 

お腹の冷えも症状が悪化する恐れがありますので注意してください。
おかしいと感じた場合には早めに病院を受診することが大切です。

 

【予防】
普段からしっかりと水分を摂りましょう。
そして排尿を我慢せず、下半身の冷えも防ぎましょう。

 

清潔に保つことも重要で、肛門には大腸菌がいる可能性もありますのでトイレットペーパーは前から後ろへと使用しましょう。
免疫力が低下している際にも注意が必要ですので特に気を使いましょう。

 

【まとめ】
膀胱炎は女性がかかりやすいと言われています。
男性に比べると尿道口が肛門へと近いため細菌が侵入しやすいと考えられています。

 

しかし男性も発症する可能性もありますので注意してください。
特にこの病気は再発しやすいと言われていますので、日ごろから予防を行うようにして過ごしましょう。

スポンサーリンク